ソフトの特徴

貴方はどのような方法で馬券を組み立てているでしょうか?

殆どの方は、
軸馬を選び、2着、3着に絡みそうな相手馬を選びます。

それで買い目点数が予算内に治まるように、馬券を組み立てているのではないでしょうか!

この方法でも馬券(3連単)はたまに的中します。
調子が良い日はかなり的中することもあるでしょう。

しかし、収支はどうでしょう。
的中した回数が多い割には利益がでてない。

良くあることです。

何故でしょう?

相手馬の選択は、過去の成績が良かった馬を選出しているからです。
その馬たちは殆ど人気と比例していることが多いため、固めの馬券
を狙うことになり、的中しても然程の利益が出ないことになるからです。

では成績が良くない馬、人気薄の馬を狙えば的中率はかなり下がります。
人気馬と人気の薄い馬を相手馬に加えれば、買い目点数が一気に増えて
投資額が一気に増えることになります。

それでもなかなか大穴は的中しません。
固い馬券もしくは中配当をたまに的中するぐらいで、

よしっ!今日は儲かった!!

なんてことは滅多に無く、どちらかと言えば、徐々にジリ貧になっていく
自分に焦りや苛立ちを覚えることがあるのではないでしょうか。
以前は筆者がそうでした(苦笑)

実体験も交えて良く耳にすることが、

1着2着4着ではずした!

3着にきた馬、馬券検討のときには相手馬の候補にしていたが、
最終的に除外してもーたわ!!

あの馬押えといたら良かったのに!なんて嘆いても後の祭り

このような経験、皆さんも何度か味わったんじゃないですか

ではどうすれば、後一歩の馬を馬券対象に入れることができたのでしょうか?

色々な方法があるとは思いますが、面倒なことはやめて、この馬はこないだろう!!
と思うような馬も馬券対象にすることにしました。

つまり、買い目を多目に出すようにすることで、的中率を上げるわけです。

但し、そのまま馬券を購入すれば利益を出すのが難しくなったり、
予算オーバーでパンク!なんてことになるので、出した買い目を
ある基準に従って絞り込むようにすることで、回収率を高めるように
しました。そうすると、そこそこの成果を得られることが分りました。

このソフトは、多目に買い目をだし、それから更に絞り込むことを
念頭において前回のバージョンを改造しています。

レースによっては、絞り込んでも点数が然程減らないときもあります。
そのような時は見送るか、思いっきりの良い絞込みで、例え外しても
投資する価値が十分にある点数で馬券を購入することです。

突然ですが、貴方は魚釣りをしますか

良く釣れるポイントと殆ど釣れないポイントがあったら
どちらを選びますか?

よほどの変わり者でなければ、良く釣れるポイントに釣り糸を垂らしますよね。

釣れないポイントに沢山の糸を垂らすより、例え一本の糸しか使うことができなくても
釣れるポイントに糸を垂らしたほうが釣果が良いのを知っているかです。

馬券も始めから馬を厳選するより、いまいちの馬も馬券対象にいれ、多目の
買い目の中から選別するほうが的中率も上がるものです。

このソフトをうまく活用するには、次の2つのことをマスターする必要があります。

1.多目の買い目を出したとき、中穴、大穴が取れるような買い方を探すこと
2.多目の買い目から、買い目を絞り込む独自のルールを探すこと

1の目的を達成するのはそれ程難しいことではありません。
2はそれなりに努力が必要になります。

ソフトに用意されている買い目の絞り方を工夫することで、
かなりの点数を絞り込めます。

ボタン1つで利益がでるソフトが欲しい!!と思っている方

実は筆者もそんなソフトが欲しいですが、絶対に手に入りません。

しかし、自分なりのルールを見つけ、それを正しく実践すれば
そこそこの成果は出せます。

何はともあれ、上記のこのソフトをうまく活用する1と2を色々と試してみると、今まで見えなかった
ものが見えてきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする